資格を取得して医師やあん摩マッサージ指圧師を目指そう

放射線検査・治療の専門家

白衣の人

チーム医療の大事な一員

現在の医療現場における業務は治療・看護・リハビリなどのそれぞれの分野における専門家が連携しながら患者をサポートする、チーム医療が主流となっています。そしてその中には、検査業務を専門に手がけるスペシャリストもいます。それが診療放射線技師です。診療放射線技師は、放射線を使用する検査機器の操作や管理・調整を業とする職種です。放射線を使用する医学上の検査とは、X線やCT、血管造影などがあります。またラジオアイソトープを使ったがん治療など、治療行為にも一部携わります。さらに医療機関によっては、MRIや超音波など、放射線を使用しない検査にも関わることがあります。多機能化・複雑化が進む医療機器を正確・安全に扱うために設けられた専門職です。

女性が活躍する機会も増加

診療放射線技師は業務独占の国家資格で、放射線検査や治療が行えるのは医師・歯科医師とこの診療放射線技師の三者のみとなっています。診療放射線技師になるには、まず国が指定した養成機関で必要な知識や技能を学ぶ必要があります。養成機関は4年制大学・3年制短大・3年または4年制の専門学校等で、これらの学校で所定の単位を修めることで国家試験の受験資格が得られます。診療放射線技師の就職先は、大半が公立・私立の病院です。小さな診療所ではまだ医師が自ら検査機器を操作するところも少なくありませんが、ある程度の規模にあるクリニックでは専従の技師を置くところが増えています。また、乳がん検診の受診率が向上していることから、近年は女性技師の需要が高まっています。