資格を取得して医師やあん摩マッサージ指圧師を目指そう

医療の現場で活躍

女医

現代医療に必要不可欠

現代の医療は、放射線を用いることが多くなっています。レントゲンも放射線を利用しているものですし、がん治療の際にもメスの代わりに放射線を用いることがあります。医療現場で放射線を用いるためには、放射線技師の免許が必要になります。放射線治療は現代医療の最先端であり、これからますます重要になってくる分野です。とはいえ、放射線技師になるには高校卒業後、大学または専門学校に進学します。医学部または医療学部などにある放射線技術を学べる学科で勉強する必要があります。社会人から放射線技師になるには、専門学校に行く方がスムーズですが、若い方が就職しやすいのも確かなので、放射線技師になると決めたら早めに行動する方がよいです。

日々進化する機材に対応

大学や専門学校を卒業して、初めて放射線技師の国家試験を受験する資格を得ることができます。放射線技師になるには、この国家試験に合格しなければなりません。国家試験に合格して放射線技師として就職できますが、卒業した大学によって待遇が変わることもあります。よりよい大学を卒業した方が就職には有利ですが、大学は学ぶ期間が4年間である一方、専門学校は3年間と短くその分学費も低く抑えることができます。希望する就職先があるのであれば、そこに就職している卒業生の多い学校を選ぶことも大切です。放射線技師になるには学識はもちろんですが、日々進化する放射線機材について学ぶ意欲が高いことも求められます。また、放射線治療を受ける患者は不安を抱えていることも多いので、患者の不安を和らげるようなコミュニケーション能力も求められます。