資格を取得して医師やあん摩マッサージ指圧師を目指そう

アスリートに特化するケア

施術

ヒーリングとは異なる施術

スポーツ整体は、アスリートなどの身体のメンテナンスに施術されるものです。肩こりや腰痛など一般的な体の不調改善とは異なる知識が、施術者にも求められています。スポーツの種類によって体の負担がかかる場所が異なり、癖によって偏りが起こる筋肉の問題を解消したり、骨盤への影響から姿勢に問題が起こることなどを解消することが目的となります。蓄積される疲れも、一般的な疲れとアスリートでは大きな差があるので、アプローチ方法を熟知しなくてはいけません。整体の知識と技術の他に、運動学や人体の仕組みを理解する解剖学も習得していれば、スポーツ整体師としての信頼度が向上します。整体師の資格は国家資格ではなく、民間の認定資格です。認定資格を取得して、スポーツ整体師になる方がほとんどです。

トレーナーとしての活躍も

スポーツ整体はアスリートの体調を整え、コンディションを最良の状態に導くことができます。そのため、整体師としてだけではなく、トレーナーとして活躍する可能性も秘めているでしょう。この場合、体の調子を整えるために整体以外の知識も必要です。食事などの栄養管理や、精神状態を安定させるメンタル管理も含まれるので、より高いスキルが必要となります。その分レベルの高い仕事ができるのも大きな利点です。整体の資格を取得してから、トレーナーの知識も得ておくと、プロやアマチュアに指導できるようになり、トレーニングジムなどで働くこともできます。スポーツ整体師として経験を積みながら、さらに学習項目を増やすことで、幅広い活躍も期待できるでしょう。